« 売れてるみたいです | トップページ | 北野武は、やっぱり「世界のキタノ」でした »

MLBの怪物ルーキー、S・ストラスバーグの衝撃的デビュー

いや~ 凄かった。
観戦してる間中、震えっぱなしだった。

MLB史上、ナンバーワン・ルーキーと言われる怪物、スティーブン・ストラスバーグのデビュー戦。
(対ピッツバーグ・パイレーツ)
全米が注目する中、7回を投げて被安打4、無四死球、失点2。
7者連続を含む14個の三振を奪い、初勝利を挙げた。
1_1
スティーブン・ストラスバーグ。 21歳。 
アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンディエゴ出身。
2009年、ワシントン・ナショナルズからドラフト全体1位指名を受け、史上最高の総額1510万ドルで契約を結んだ。
1_2
MAX166キロ(!)を計測する直球に加え、落差抜群のカーブ、ツーシーム、チェンジアップを駆使し、三振の山を築く。
高校時代は太りすぎと、精神面の脆さから、ドラフトにかからなかった。
大学進学後、体重の減少と比例して球速がグングンUPし、遂には160キロ計測するまでに。


1_3
とにかく、直球の殆どが150キロオーバーというのが凄かったし、恐ろしいほど落ちる(キレ抜群)カーブも異次元クラスだった。
直球の質は、ズマヤ、チェンバレンなどの剛腕と違って、ボールがグーーンとホップするような感じ。
日本の投手で例えれば、藤川球児か。

この日の為に(?)スターティングメンバーに入った大捕手のイバン・ロドリゲスが「他の投手達とは別格」と賞賛。
(ストラスバーグの剛速球を、いとも簡単に捕球してたロドリゲスも凄かったぞ!)

パイレーツの打者が意地を見せたのも良かった。
デルウィン・ヤングが、145キロのチェンジアップ(スゲー!)を掬い上げ、ホームランにしたのだ。
やっぱり、メジャーは投打に渡ってレベルが高いなぁ・・・NPB観るのが馬鹿らしくなってしまう。
(野暮な事書いてスミマセン。NPBも十分面白いです)


現地で観れた人たちが羨ましい!
1_4

ティム・リンスカムと共に、これからも注目していきたい。
1_5


ちなみに・・・ ストラスバーグの靴のサイズは37センチだそうです。
1

|

« 売れてるみたいです | トップページ | 北野武は、やっぱり「世界のキタノ」でした »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/35182579

この記事へのトラックバック一覧です: MLBの怪物ルーキー、S・ストラスバーグの衝撃的デビュー:

« 売れてるみたいです | トップページ | 北野武は、やっぱり「世界のキタノ」でした »