« あやぱん卒業 | トップページ | 憧れの場所に行ってみた »

お江戸で植冶に会えた! その2

実は、ここが植冶の手掛けた庭という事をすっかり忘れてたのだが、
この石橋を観た瞬間、「あっ、植冶やん! めっさ植冶やん!」と、叫んでしまった(笑)
1_8
その“醜態”を、同行者に突っ込まれて恥ずかしかったのだが、
植冶の個性をシッカリ頭の中に浸透させていた自分を心の中で褒めた(笑)。
京都時代に、植冶の庭は沢山観てきたので(と言っても、そんなに数は無いけど)、
上記のような“雄叫び”が出ないと、京都で何も感じなかったという事になってしまう。
だから、ホッとした。

どう観ても「植冶」(七代目)だよなぁ~  カッコいい!
1_9

・・・とか何とか思ってたら、この庭専属(笑)の鴨がやってきた。
1_10

めっさ可愛い!
1_12


1_13


雪見灯篭が、心字池に映えて美しい!
1_14

茶室。
1_15


紅葉の時期に来ても美しいだろうなぁ。
1_16


これは、大滝。
1_17
10数メートルの高所から落ちる滝で、この土地の最も勾配の急なところを削って断崖にし、
濃い樹林で覆って、深山渓谷の趣を造り出している。
曲折した流れから始まり、数段の小滝となり最後は深い淵に落ちるという凝った趣向。

武蔵野台地の地形(斜面・低地)を巧みに利用した旧古河庭園は、非常に見応えがある。
明治の元勲・陸奥宗光(カミソリ外務大臣)の別邸⇒後に、陸奥の次男が古河財閥の婿養子になったとき、
古河家の所有となった。(残念な事に、当時の建物は一切残っていない)
大正初期の庭園の原型を留める貴重な歴史遺産・芸術作品だと思う。


庭に使用される石の産地も気になるところだが、これは富士山からのもの。
1_18

洋館を、下から望んでみた。
1_19

近くに寄ってみる。
1_20
観れば観るほど惹き込まれる。

ちょっと休憩・・・・・・
1_21

ここへ来る前に、某有名和菓子屋(小説にも登場した)で、和菓子を購入。
1_23

それを、休憩所で頂いた。
1_26

たおやかな味わいが、心地良く喉を滑り落ちていった。 じゅうぶん美味しい。
1_24


帰り際、「しもふり銀座」を散策・・・  「くさや」は、絶対に食べとかないと!
1_25


なかなか良い感じの魚介が売っている。
1_29


使えそうな商店街に出会えて嬉しい。
1_28


1_30


|

« あやぱん卒業 | トップページ | 憧れの場所に行ってみた »

Tokyo Drifter」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/37064467

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸で植冶に会えた! その2:

« あやぱん卒業 | トップページ | 憧れの場所に行ってみた »