« Light-Up Christmas In Roppongi | トップページ | 東京の正月Vo.1 ~狐の行列~ »

甘いモノに興味が無い男が総括する「スイーツ・2010」

今年はあまりネットしなかったので、更新が少ししか出来なかった…。
良く遊びに来られてる皆様、辺境ブログですが、たまには見に来ていただけると有難いです。

という事で、今年最後の日記。

今年の夏以降、ある事情があって、甘いモノを食べる機会が多かった。(仕事以外で)
実は、甘いモノに対しては興味が薄い。
甘いモノが無くても困らないし、甘いモノがこの世から消えても一向に構わない。

ちなみに、酒は好きだが、無ければ無いで良い。
昔はタバコを1日40本くらい吸ってたけど、無けりゃ無いで困らなかった。(スパッと禁煙できた)
とにかく、執着が無い・依存しない。何に関しても。
あればあるで嗜むし、無けりゃ無いで良い。
団鬼六先生の哲学を、知らず知らずのうちに実践していた(笑)

という事で、スイーツ。
神戸にいた頃は、色んな人からスイーツを貰ったし、街場のレストランで働いてた頃はパティシエを“やらされてた”期間があったので、勉強の為に方々食べ歩いた。
(関西でのNo.1は、京都の●ッ●●ー●ュ。現在は違う店名になってると思うが)
しかし、自ら進んで食べたい・作りたいとは思わないから上達も遅かったし、今でも苦手である。
(食べるのは好きになってきたかも。でも、自腹で買う事は稀)
そういう私が、東京に来てから食べたスイーツの事を書いてみる。

~ランキングじゃありません~

1・ホテルニューオータニ東京「SATSUKI」のスーパーメロンショートケーキ
Photo
この店のスイーツは、深い理由があって(私的な)評価出来ない(笑)


続きが気になる人はどうぞ!!!!!!!!

2・あらかわ遊園ロール(荒川区・SEKIYA)
Photo_2


Photo_3

Photo_4
ミディ・アプレミディ(京都)のフロールと比べちゃイカンがw素朴すぎる味わいが何とも好印象。
毎日食べても飽きないという点では、普遍的魅力を持つロールケーキです。

3・羽二重団子(根岸・芋坂)の羽二重団子
Photo_5
普通に美味しい。 普通に美味しいと言うのは偉大なこと。
何故ここに行ったのかというと、尊敬する正岡子規や泉鏡花といった超大物たちが愛した老舗だったから。
本郷台地の高低差を活かした日本庭園を眺めつつ、まったり出来る素晴らしい名店。

4・パティシエ・イナムラショウゾウ(台東区・上野桜木)
・モンブラン
Photo_6
今まで食べたモンブランの中で一番好きかも。
「味わい」だけなら、他にも美味しいモンブランがある。
でも、甘さの層が素晴らしいバランスで調和し、歯応えの感覚が心地良い。
そういう意味に於いては、実に秀逸なモンブランであると思う。

シンプルど直球のレモンケーキも雑味の欠片も無く、非常に美味しかった。
Photo_7

ゆずケーキ、フルーツケーキもオススメ。
Photo_8
Photo_9

5・木村屋聰本店(銀座)のクリームパン
Photo_10


6・クリスピー・クリーム・ドーナツ(有楽町イトシア店)
オリジナル・グレーズドは永遠の美味しさだと思う!
Photo_11
クリーミーチーズも美味しかった。
Photo_12
マスカルポーネのコクのあるフィリング、クリームチーズパウダーとパルメザンチーズの香りが最高。

7・シュガーバターの木(台東区・上野)
Photo_13
Photo_14
冷たい煎茶のお供にすると最高。


8・SEKIYA(荒川区・尾久)
天使のバトン、マドレーヌなど…
Photo_15


Photo_16


Photo_17


Photo_18
そりゃ、オーボンヴュータンやエーグルデュースみたいな、ごっついモノじゃないけど、味蕾を濡れさせっぱなしでは、舌と味覚がニンフォマニア的味覚になってしまう。
「旨い物を食べる」というセックス(快楽)の合間に、SEKIYAのような素朴なスイーツを食べて感覚を戻そう。

9・うさぎや(日本橋)どらやき
Photo_19
しかし、東京の人は「どらやき」が好きやな~。
Photo_20


10・柳屋・高級鯛焼き(中央区・日本橋)
Photo_21

東京人の、鯛焼きに対する思い入れは熱いね~。 関西にいた頃は、鯛焼きなんて食べた記憶がない。
Photo_22
Photo_23

11・キャンティ(大丸東京店・洋菓子売り場)
このシュークリームは厚みのある美味しさだった。
Photo_24
キャンティなんて、昔の大物芸能人が集う古臭い老舗サロンと言うイメージしか無かったけどw

クッキーも美味しい。
Photo_25

Photo_26


12・平塚亭の和菓子
Photo_27
旧古河庭園の傍にある和菓子店。 浅見光彦シリーズに良く出てくる。
これも、普段使いにピッタリな味・値段だった。


13・キアヅマコーヒー(鬼子母神)のチーズケーキ
Photo_28
鬼子母神の参道沿いにある可愛いカフェ。手作り感がヒシヒシと伝わってくる。


14・塩大福(巣鴨とげぬき地蔵「みずの」)
Photo_29
しかし、巣鴨にいる爺さん・婆さんは、ムチャクチャ元気で参った(苦笑


15・ねんりん家(銀座)のバウムクーヘン
しょこら芽&しっかり芽
Photo_30
初めて食べた時、バウムクーヘンの概念を変えられた。 相変わらず旨い。
Photo_31

16・エシレ・メゾン デュ ブール(丸の内ブリックスクエア)
Photo_32
高級バターで知られるエシレ・バターをふんだんに使った、オリジナル・レシピによる菓子・パンを販売する世界初のエシレ専門店。

フィナンシェ&マドレーヌ
Photo_33
香りの立たせ方が上手いんだよなぁ・・・。

17・さつまチップス(鹿児島からの土産)
ゴーダチーズ&アールグレイ風味
Photo_34


18・焼かりんとう本舗(根津)
油で揚げてないのでサクッと何本でも食べられる。
Photo_35
泡盛とかドライシェリーを飲みながら食べてもイケると思う。

19・メゾンカイザーのパン ※スイーツじゃないけど
Photo_36
バゲットは評判どおり旨かった。
因みに、パンのレベルは関西の方が上かもしれない。(経験と勘で、そう思う)


20・明治堂のスコーン(北区・王子)
もっさり加減、香りギリギリまで抑え目、大きさ・・・3拍子揃ったスコーン。
Photo_37


まだまだまだまだ食べたけど、纏め切れないので、このへんで・・・。
来年は、もっとブログ書かないと!

|

« Light-Up Christmas In Roppongi | トップページ | 東京の正月Vo.1 ~狐の行列~ »

Tokyo Drifter」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/38287437

この記事へのトラックバック一覧です: 甘いモノに興味が無い男が総括する「スイーツ・2010」:

« Light-Up Christmas In Roppongi | トップページ | 東京の正月Vo.1 ~狐の行列~ »