« なぜ、これが傑作なの? =ブリヂストン美術館= | トップページ | お花見~ 向島の芸妓さんに会いに行く »

長谷川穂積、沈む・・・

Photo
この前の世界戦でも出来が悪かったし、既にスピードと切れが衰えてたのに、
長谷川がフェザーで通用すると言ってた人が多かったのが驚きだった。
この結果は必然。何も驚く事は無い。

もちろん、長谷川のセンスは疑いようもない。
だが、西岡の試合と見比べてみると、老獪さがが足りないんだよね。
西岡は、どんな場面になっても自分のペースを崩さない。
何と言っても、あの絶妙の距離感は天才的。
どんな展開でも、絶対に相手との距離を崩さないのが凄い。

長谷川の試合はスピードもあるし、打たれてムキになって打ち返すのは見ていて面白い。
見てる方も燃えるし。
でもね・・・いい加減センスに頼り切った試合運びは止めたほうが良いと思う。

接近しても体格負けするし、距離を置いてもリーチが無い。
フェザーで長谷川が勝つのは無理。
フェザーには、ブルゴスやジョニゴンみたいな、長谷川よりスピードがあって巧い選手がゴロゴロいる。

しかし、解説はクソだったなぁ。
「長谷川の戦い方で後半まで持っていけば、勝てた」なんて言ってたし・・・。
どう考えても無理でしょ。
パワーの差がありすぎる上、長谷川の致命的欠点は「打たれ弱さ」。
いくら長谷川と言えども、あんなベテラン相手に一発も貰わず後半までいけるとは思えない。
選手生命を延ばしたいなら、バンタムに戻ったほうが良いと思う。

関係ないけど、最近気に入ってしまった曲。

|

« なぜ、これが傑作なの? =ブリヂストン美術館= | トップページ | お花見~ 向島の芸妓さんに会いに行く »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328421/39539971

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川穂積、沈む・・・:

« なぜ、これが傑作なの? =ブリヂストン美術館= | トップページ | お花見~ 向島の芸妓さんに会いに行く »