さようなら、Nujabes

死んじまったよNujabes・・・ 享年36。


偉大な才能が天国へ旅立った。 合掌。。。

| | トラックバック (0)

エミ・マイヤー 「パスポート」feat.Shing02

デビュー当時から、ずっとShing02好きなんだけど・・・


最近、最も聴いた彼の曲は、エミ・マイヤーとコラボした「湾曲」・・・必聴です。

こういう世界観、めちゃめちゃ好き。


そのエミ・マイヤーが、新譜を出す。
Shing02とコラボした「パスポート」。
img20100126.jpg
久々に購買意欲の湧くCDです。 絶対にカッコいいと思う。

| | トラックバック (0)

女喰ってブギ

サイプレス上野とロベルト吉野の「女喰ってブギ」。

夜中に笑いすぎて、右目のコンタクトがズレました…w

最後まで観ろよ!!





Hip-Hop界では、しっかりと実力のあるラッパー&DJで、エンターテインメント性も併せ持つ鬼才。

| | トラックバック (0)

さようなら、アベフトシ【日本一のロックギタリスト】

ヤバイ・・・本気でヤバイ。 アベフトシが死んじゃったよぉー(号泣

誰が何と言おうと、日本一カッコいいギタリストだった。
Photo

超人的スピードで連続カッティング出来るギタリストは、アベフトシ以外、見たことがない・・・
ロングスケールのテレキャスが、あそこまで似合う日本人は皆無。
Dr.FeelGoodのウィルコ・ジョンソンに影響受けたギタープレイだが、
私的に、ウィルコよりも数倍カッコよく見えた。
1


もう、ミッシェルの再結成は無いのか・・・めちゃめちゃ悲しい。


===Wikiより抜粋===
・186cmの長身ながら極端な痩せ型体型であること、黒を基調としたファッションを好むことから、
ファンからは「細長い」「黒い」と称される。

・ギターの演奏の評価は高く、印象的なリフや超人的なカッティングが魅力。

・「鬼」の呼称について
アベフトシを評する時に「鬼」という表現が使われることがある。
これは1997年~1998年に行われたthee michelle gun elephantのライブツアーにおいて、
アベフトシの鬼気迫る演奏を見たROCKIN'ON JAPAN編集長・山崎洋一郎氏(当時)が「鬼。鬼がいた。」と評したことから。
そして解散特集の場でも「日本のロックバンド史上、あれほどまでにロックに取り付かれたギタリストは見たことがない」とまで言われた。

辛いなぁ・・・暫く立ち直れそうも無い。

| | トラックバック (0)

Chet Baker

chet.jpg

こんな色男が・・・


img20090530.jpg

ドラッグのせいで・・・

続きを読む "Chet Baker"

| | トラックバック (0)

心を射抜かれました♪

最近、安藤裕子さんにハマりまくってます。

恐ろしいほどの可愛さですよね。

とても30歳には見えません!!!











彼女、元々は女優だったそうです。

どうりで自己表現に長けてると思った・・・

昔、人間関係で物凄い苦労されたそうです。

とても見えませんよね。

才能のある人は、苦労を「輝き」に変える事が出来るんです。





「のうぜんかつら」という超名曲がありますが、私は「TEXAS」が好きです。







天はニ物を与える事があるんですね。

| | トラックバック (0)

dorlis

dorlis.jpg

ここ最近、どうにもこうにもdorlisにハマってしまって、その毒と花が同居したような世界から抜け出せない。

切ないメロディーが魂を捉えて放さない名曲。
「市民プールとスケートリンク」。

こちらで、PVが観れます。
「肌のすきま」。

| | トラックバック (0)

HIGH TIMES----- SINGLES

1486.jpg







「HIGH TIMES」



今、ヘビロテ。



異論あるけど・・・

しばらく離れていた人や、初心者には絶対オススメ。

| | トラックバック (0)

東福寺・音舞台

img20061002_2.jpg

先程、TBS系列で、東福寺・音舞台を放送していた。

この「音舞台」は、今まで様々な名刹で行われてきた。
泉涌寺、東寺、清水寺、鹿苑寺、比叡山延暦寺など・・・

img20061002_3.jpg

初期のストーリーテラーが、柴俊夫や森山周一郎、
佐久間良子だったなんて・・・何てカッコイイんだろう!
知性を持つ俳優が少なくなった昨今では、考えられぬキャスティングだ。

img20061002_1.jpg


平原綾香の歌声が、スーッと東山の森に沁み込んでゆくのも
素晴らしかったけど、マルコ・ベルティのテノールも最高。
マッテウッツィに似た甘美なテノール・・・
愁いを帯びた艶やかな声が、実に魅力的である。

あと、東京藝術大学出身者で結成された「あいおい」の
“犬夜叉”も、 古刹の雰囲気にピタリとハマった名演奏であった。


私が一番感動したのは、中国障害者芸術団の「千手観音」。
とにかく、美しく、迫力があり、神々しい。
img20061002.jpg


21人の男女が舞踏しており、最年少は14歳。
彼らは全員、耳と口が不自由な聾唖の障害者だそうだ。

彼らの舞踏のトレーニングは非常に特殊なものである。
音は聞こえないけど、身体で振動を感じる事が出来るので、
スピーカーの上に身体を置き、曲のリズムやテンポを体感させる。
そして、舞踏の専門家が手話の技術を習得して指導し、
手話の先生に舞踏の知識を学んでもらって指導してるという手の込みよう。

健常者の何十倍もの訓練を重ねる事により、
「千手観音」という演目が完成するそうだ。
是非一度、生で観てみたいと思った。

| | トラックバック (0)

FATBOY SLIM!!

img20060701.jpg

出ましたねー FATBOY SLIM 「THE GREATEST HITS」!

「WEAPON OF CHOICE」
↑いつ観ても、カッコよすぎて震えるぜ!ウォーケン!
(ちなみに、私は「フューネラル」が一番好きです)

| | トラックバック (0)