京都D’OR

紫陽花@京都

用事があって京都へ・・・ 梅雨の晴れ間だったので、気持ち良かった。(暑かったけど)


鬱陶しい梅雨の時期に、たくさんの癒しを与えてくれる紫陽花。
A


次に上洛する時は、祇園祭の宵々山あたりかな。
A_1

| | トラックバック (0)

桜・京都

先日、大切な用事があって、京都へ・・・  舞妓ちゃんが可愛いいい!!
2


やっぱり京都の桜は格別。
A
いろいろな所で桜を観てきたけど、京都の桜が一番!

続きを読む "桜・京都"

| | トラックバック (0)

元旦は京都にて/PART2

昼食を終えた後、山科の随心院へ。

img20100103.jpg


小野小町ゆかりの名刹として名高い。



今まで訪れなかった事を後悔するほど美しい寺院だった。

img20100103_1.jpg


美しい庭、伝・狩野山雪の襖絵(撮影禁止)も見応え十分。

img20100103_2.jpg


今度は、梅の季節(小野梅園)に来てみたい。

img20100103_3.jpg








洛中へ戻って・・・ 東山の粟田神社。(180年ぶりに復活した「大燈呂」)

img20100103_4.jpg


平安神宮。 さすがに凄い人出だった。

img20100103_5.jpg


八坂さん。 やっぱり洛中の賑わいは格別。

img20100103_6.jpg




最後に訪れたのは、縁結び&縁切りで有名な安井金毘羅宮。

1.jpg


この日は、良縁を願う女の子たちで賑わっていた。

img20100103_7.jpg


プリップリのヒップを突き出し、「縁切り縁結び碑」を潜る女の子たちの勇姿は、周りのデカダンなラブホよりインパクトあったかも…。



夜は、↓珍しく居酒屋へ・・・

続きを読む "元旦は京都にて/PART2"

| | トラックバック (0)

元旦は京都にて/PART1

今までで、一番寒い元旦の京都だったかも・・・ この日の最低気温-2℃!



まず、蹴鞠の守護神で知られる白峯神宮へ。(今年はサッカーWC!)

1.jpg






次に向かったのは、釘抜き地蔵尊。(石像寺)

img20100103.jpg


地元民に愛されてる感じがビンビン伝わってくる。 小さくて居心地の良い寺だった。





大報恩寺。(千本釈迦堂) 

2.jpg


1227年(安貞1)・創建時のまま残る、京都最古の建築物。 

img20100103_2.jpg




本堂の中へ。

img20100103_1.jpg




応仁の乱で傷ついた柱。 濃厚な歴史を感じる。

img20100103_3.jpg




この後、霊宝殿で、仏像群を鑑賞。(内部は撮影禁止)

みうらじゅん大先生が、「俺の寺」と言うのが分かるほど素晴らしかった。

快慶作の十大弟子も見応えあったが、定慶作の六観音像もベリーベリードープ!

(6形態ある観音菩薩がワンセットで観れるのは、日本でここだけ)

190cmの仏像(保存状態完璧)は迫力十分。(リボンを結んだ「准胝観音」が気に入った)

img20100103_4.jpg


仏像Love!な人は、絶対に訪れるべき寺。



京都最古の花街・上七軒を抜け、北野の天神さんへ。

img20100103_5.jpg




早咲きの梅。

img20100103_6.jpg




ここで、ティータイム。 歴史深い「長五郎餅」と、熱々の煎茶を。

img20100103_7.jpg


火鉢に当たりながら頂く餅は最高。(生き返った!)

img20100103_8.jpg






御土居址(御土居フェチには堪らない)をチラ見して、平野神社へ。

img20100104.jpg


桜の季節だと最高なんだけど、やっぱり真冬は閑散としてる。



そして、この日一番の目的地・報恩寺へ・・・

img20100103_10.jpg




絶対に観たかった、豊臣秀吉ゆかりの「鳴虎」。 

12年に一度、正月の3が日限定で公開される。(寺宝は撮影禁止なので、京都新聞Webから拝借)

img20100103_12.jpg




そして、50点あまりの貴重な寺宝も堪能した。

豊臣秀吉や織田信長の書状・肖像画などを間近で観る事が出来、テンションMAX!!

博物館に委託してないのが不思議なくらい豪華な寺宝群だった。

(秀吉が愛用していた「香炉」も必見。 明日が最終日。急げ!)



---PART2へつづく---

| | トラックバック (0)

京都・紅葉狩り-2009 【十輪寺】篇

善峯寺の後に訪れた「十輪寺」。  ※通称・なりひら寺(嘉祥3年(850)創建)

img20091123.jpg






「伊勢物語」の主人公・在原業平(平安時代の歌人)晩年の隠棲地として知られる古刹。

img20091123_1.jpg








「なりひら楓」と称される紅葉がMAX!

img20091123_2.jpg






私は業平ゆかりの街に住んでいるので、業平の墓へ急ぐ…(御挨拶を兼ねて)

img20091123_3.jpg






善峯寺より紅葉の出来が良い。

img20091123_4.jpg






小道をゆくと・・・

img20091123_5.jpg


可愛らしい墓石が。 

img20091123_6.jpg


「古寺巡礼」を思い出す。





墓の先にあるのは、業平が塩焼きの風流を楽しんだといわれる「塩がま跡」。

img20091123_7.jpg


恋愛・結婚成就の祈願として親しまれているそうなので、恋煩いしてる奴はGO!!





ここも、真っ赤。

img20091123_8.jpg






いよいよ本堂へ。

img20091123_9.jpg






情熱的な「赤」。

img20091123_10.jpg






三方普感(さんぽうふかん)の庭。

高廊下、茶室、業平御殿の3ヶ所から場所を変えて眺めることが出来る。

img20091123_11.jpg


趣の違う様が、見る者の心の有り様を映し出すことから「心の庭」と云われている。





業平の命日(5月28日)には「業平忌三弦法要」が営まれる。

三味線に合わせてお経が唱えられ、京舞や生け花などが奉納されるそうだ。

img20091123_13.jpg






この寂寥感が堪らない。 

img20091123_12.jpg


1.jpg




※夕食の「とりすき」は別場所にUP。

| | トラックバック (0)

京都・紅葉狩り-2009 【善峯寺】篇

リア友は知ってると思うけど、S系A人の子と一緒だったので疲れた(^^;



ということで、今年の紅葉狩りは、洛西・大原野へ。

img20091123.jpg


徒歩やバスだと不便なので、車で行くことに…  





途中、綺麗な竹林があったので、下車して深呼吸。

img20091123_1.jpg


長岡京はタケノコや竹細工が有名。 次回は春に来て、タケノコ料理満喫したい。



あと、もう少し! というか、徒歩だったら死んでたかも…(笑  かなりキツイ坂です。

img20091123_2.jpg




ここらへんまで来ると、期待で胸が高鳴る。

img20091123_3.jpg




場所によって、色つき具合がバラバラ。

img20091123_4.jpg




善峯寺に到着! (これは東門)

img20091123_5.jpg








堂々たる山門。

img20091123_6.jpg


受付を済ませて中へ。







観音堂(本堂)で参拝後、休憩処からワンショット。

img20091123_7.jpg






燃えるような赤。

img20091123_8.jpg


寺宝館では、5代将軍・綱吉と、桂昌院(綱吉の母)ゆかりの寺宝が堪能出来る。







3万坪の大伽藍は見応え十分。 

img20091123_9.jpg






釈迦堂裏の紅葉。

img20091123_10.jpg






奥の院から、京都市街を望む。  京都タワーや京都御苑が確認出来た。

img20091123_11.jpg








阿弥陀堂横にある書院へ・・・  陰翳の美しさに陶酔。

img20091123_12.jpg




こちらも絶景。 桜の時期も、息を呑むほど美しいそうです。

img20091123_13.jpg




良い寺でした!

img20091123_14.jpg


※Annちゃんとの昼食は、別場所にUPしてます。





晩秋のドライブに似合う曲♪ 

3:45からINするBASI(韻シスト)が、カッコよすぎて涙・・・クラブ行きたくなる!

| | トラックバック (0)

京都・滞在時間30分

2009年・9月6日。

仕事が早く終ったので(泊まりだった)、速攻で上洛!

a.jpg


まだまだ夏だ~ 京都!!





で、目的地は・・・・・・

続きを読む "京都・滞在時間30分"

| | トラックバック (0)

ゆく夏京都⑥ZEN TEMPLE KENNINJI

日本最古の禅寺・建仁寺。

祇園の外れ・・・かなり騒々しい場所にあるけど、とても静かに過ごせる。

1.jpg


風神雷神図(複製)、相変わらずカッコいいです。









障子が全て取っ払われていて、開放感抜群。

img20090901.jpg


皆、思い思いにボ~っとしている。





法堂に棲む双龍。 小泉淳作先生、渾身の力作。

img20090901_1.jpg


何度観ても、イーーーネ!!!(横山剣さん風に)





○△□の庭。 壷庭の名作。

img20090901_2.jpg








潮音庭。

img20090901_3.jpg


NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」に出ていた庭師・北山安夫氏(58歳)が監修した庭。

石組みの技術は、他の庭師の追随を許さない。

真ん中にある3つの石は、四方どこから見ても正面に見えるよう計算されている。







その後、フランソア喫茶室でお茶。

img20090901_4.jpg


藤田嗣治も通ったサロンで過ごすひとときは、贅沢の極み。

※因みに、このカフェの店員さんは美人揃いでLoveだったんだけど、今回は… レベル下がったかな?

でも、相変わらず「制服」が素敵でした。

続きを読む "ゆく夏京都⑥ZEN TEMPLE KENNINJI"

| | トラックバック (0)

ゆく夏京都⑤愉悦の町家+京野菜

翌朝の京都。 この日は湿気が少なくて、素晴らしい気候だった。

a.jpg




別のホテルへ泊まってたYさんと合流し、「無名舎」(吉田家住宅)を見学。

img20090830.jpg




祇園祭のとき(屏風祭)、いつも外から見てたので、内部が気になってた。

img20090830_1.jpg

続きを読む "ゆく夏京都⑤愉悦の町家+京野菜"

| | トラックバック (0)

ゆく夏京都④幽玄の灯り

夜は、嵐山の奥の奥、愛宕古道街道灯しへ行ってきた。

a.jpg




img20090828.jpg


↓以下、歩きながら撮ったので、ブレブレですが・・・・・

続きを読む "ゆく夏京都④幽玄の灯り"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧